ストラテラは市販薬がない? 市販薬との飲み合わせは?

ストラテラは市販薬で売っていないの? 他の市販薬との飲み合わせは?

ストラテラは残念ながら市販薬としての流通はありません。では、どんな方法であれば買うことができるのでしょうか?

 

ストラテラの市販薬は法律で規制されている

ストラテラは市販薬として売ることが許可されていません。その理由は「ストラテラを市販薬として販売してはならない」と法律で規制されているからです。なのでストラテラの市販薬が販売されることはないのです。

 

もしも、近所の薬局やドラッグストアで市販薬として販売されているのを見つけたら気をつけましょう。それは違法な薬品です。

 

ストラテラを市販薬として売ることは許可されていませんので、売っているお店は法律を無視するような場所ということになります。他の品物も違法品であったり、体に害のある悪質な偽物の可能性は高いでしょう。そんなものを扱っている場所ですから、薬とは無関係なもめごとに巻き込まれたりすることもあるかもしれません。

 

ストラテラの販売は都道府県知事からの特別な許可をもらったごく一部の業者にだけ許されています。更にその取引先も医療関係者に限定されており、ドラッグストアや一般薬局では手に入れることはできないでしょう。

 

ストラテラを購入するもっともわかりやすい方法は、病院に行き診察してもらい薬を処方してもらうという手段でしょう。これならば、偽物を掴まされることもないですし、薬以外にも治療アドバイスももらえるかもしれません。

 

とはいえ、仕事がとても忙しい等の理由で病院に行けない人もいるでしょう。ストラテラが欲しいだけなのに診察費や病院に行く交通費を払うのもバカバカしいと思う方もいるでしょう。こういった出費を削り、市販薬を購入する感覚で手軽にストラテラを入手する方法も存在します。

 

ストラテラをお手頃価格で買いたければ個人輸入代行

個人輸入を使えば、手間もコストもカットして購入することができます。もしも、日本では市販薬として流通していないような薬でも、安価にかつ手軽に買うことができるでしょう。常日頃からネットショッピングをしているようであれば、既に個人輸入代行を利用している人も多いでしょう。

 

ストラテラを病院に行かずネットショッピングを使う感覚で買えますから簡単です。薬が切れたら毎回病院に行かなければならないのは、交通費も診察費もかかります。その上、時間もかかりますから、コスト・手間をカットできるのは便利です。

 

しかし、今はじめて個人輸入という存在を聞いたのであれば、個人輸入代行業者選びにも苦労するでしょう。ですから、個人輸入代行業者の中でも安く買えるところをピックアップしてランキング形式のリストを作りましたで見てみてください。

 

※下記はストラテラジェネリック60mg 1錠あたりの価格です

 

  1錠価格 ショップ 詳細
65円(最安値!) オオサカ堂 詳細
81円 いろはウェブショップ 詳細
85円 ジェネリックドラッグ 詳細

 

ストラテラは他の市販薬と併用しても大丈夫?

 

ストラテラは病院へ行かずとも個人輸入代行を利用すれば購入することができます。ですが、病院で処方を受けた時には医師が飲み合わせを考えてくれます。もしも、個人輸入代行を利用して購入したのであれば飲み合わせの確認を自分で行う必要があります。

 

ここでは、ストラテラと他の代表的な市販薬との併用について確認していきます。

 

NSAIDs(解熱鎮痛剤)との併用


NSAIDsは「ロキソニン」や「ボルタレン」といった解熱鎮痛剤の一種です。長い期間使うと、胃に負担がかかることになり、胃炎や胃潰瘍を発症することもあるようです。

 

一方ストラテラには吐き気の副作用があります。

 

ストラテラだけで飲んでいるのであれば、治療の為には仕方ないという程度の症状です。しかし、NSAIDsの副作用で胃炎や胃潰瘍といった症状が出ているのであれば、症状が悪化してしまいます。ですからNSAIDsの副作用が出たらストラテラとの併用は控えた方がいいでしょう。

 

胃腸薬との併用


胃腸薬はタイプによってさまざまな効果の物があります。

 

  • 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
  • 胃酸分泌を抑制する(H2ブロッカー)
  • 胃酸そのものを中和する
  • 胃粘膜を保護する
  • 胃の筋肉のけいれんによる痛みを緩和する
  • 消化酵素を含みで消化を助ける
  • 上記さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

胃腸薬であれば、ストラテラの副作用として出てくる吐き気などの副作用を治すことができる為、むしろ飲み合わせのいいパターンです。

 

ストラテラの服用により食欲減退や吐き気の副作用が出てしまったら

 

食欲減退 … 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
吐き気 … さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

と、症状によって胃腸薬を使い分けましょう。

 

ストラテラと胃腸薬は好相性です。上手く使えばストラテラの副作用を治してくれるでしょう。

 

風邪薬・花粉症薬との併用


風邪薬や花粉症薬の副作用として大きいのは眠気です。ストラテラにも眠気の副作用がありますので、あまり相性はよくありません。各々の副作用の眠気が重なれば大きなものになってしまいますので、ストラテラと併用するのであればなるべく眠気がないものを選ぶようにしましょう。

 

風邪薬と花粉症薬を飲むと眠くなる原因は「抗ヒスタミン薬」です。これが含まれていないものを選ぶようにするといいでしょう。また、現在では眠気が少なくなるように改良された第二世代抗ヒスタミン薬を含むものもありますのでそちらでも構いません。

 

眠くならない風邪薬・花粉症薬
代表例:パブロン50、改源かぜカプセル、アレグラなど

 

前二つは、抗ヒスタミン薬を含まない風邪薬です。その分くしゃみや鼻水を止める効き目も低めなので、初期の風邪などに活用しましょう。アレグラは第二世代抗ヒスタミン薬配合ですから効果を落とさず、眠気を軽減できます。

 

ストラテラはこんな薬


ADHD治療薬に使われるストラテラの概要を説明します。ストラテラはADHDの症状である欠如した注意力や行動のコントロール能力、自制心の欠けた衝動的発想などを改善するための薬です。
薬局で市販されていないので自分で購入することはできず医師の処方が必要となります。

 

ADHDの治療にストラテラを使用することに対して依存性を心配する人もいますが、ストラテラはADHD治療薬の中でも安全性が実証されており、その可能性は低いといわれています。病院などで医師から処方されるストラテラはカプセルまたは液体状の薬剤で、カプセルの場合には容量が4種類あり、医師が処方する通りの用量に組み合わせて服用することが一般的です。液体状の薬剤は、カプセルの使用を省くので治療薬代は安く済みますが、もろに薬の味を感じるので人によっては服用できない人もいるでしょう。

 

そのような人は必ず医師にそのことを伝えてカプセルの錠剤にしてもらいましょう。薬物の量は医師の判断で決まります。最初は少量の服用から始めて徐々に様子を見ながら量を増やして調節していきます。ストラテラの効果は、服用を始めてから約2週間でADHDの症状の改善がみられるようになり、安定した効果が得られるまでには、およそ8週間かかる言われています。

 
http://www.louisvuittonatnordstrom.com/ http://www.kevinvanhentenryck.com/ http://extraitxmature.net/ http://mavoixpourlapalestine.net/